介護サービスとは

高齢者住宅での介護サービスの種類についてご紹介します。よくでてくるのが「特定施設入居者生活介護」と、「居宅介護サービス」です。

「特定施設入居者生活介護」とは、「特定施設サービス計画に基づき、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練及び療養上の世話を行うことにより、要介護状態となった場合でも、当該指定特定施設入居者生活介護の提供を受ける入居者が当該指定特定施設においてその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするものでなければならない」と法律で定められているもので、要は施設職員が、入居者がちゃんと生活できるように援助してくれるというものです。次にでてくる「居宅介護サービス」に比べ、ひとつひとつのサービスでいくらというものではないため、居宅サービスと同じ介護サービスを利用した場合、介護付きの方が安くすむ場合があります。

「居宅介護サービス」の「居宅」とは聞きなれない言葉ですが、「すんでいる住まい、自宅」のことをいいます。この場合は、住宅型有料老人ホームの自分の部屋のことを指し、その部屋の中で介護サービスを受けることをいいます。「居宅介護サービス」は、一般的に「訪問通所サービス」「短期入所サービス」訪問通所サービスや短期入所サービス支給限度額に含まれない「その他居宅サービス」に分けられます。ひとつひとつのサービスに対し、支払う金額が決まっていますので、いろんなサービスを組み合わせると介護保険支給の範囲額を超えてしまいます。範囲内でなれば、通常自己負担は1割で済みますが、範囲を超えると10割負担になってしまいますので注意が必要です。

ルテインに関する健康情報をここで入手

このサイトならヘスペリジンの成分情報などを知る事ができます。