軽費老人ホームとは

軽費老人ホームは、原則として60歳以上で自方が中心の住まいです。こちらも大きく分けて、A型(給食付き)・B型(自炊)・ケアハウスに分けられます。軽費老人ホームは、居住と福祉機能を併せ持ち、無料もしくは低額の施設で、本人の年収によって利用料金が決まります。身体機能低下や高齢などの理由で一人暮らしをするには不安がある人を対象としています。

・A型(給食付き)身寄りのない方や、家族との同居が困難な人を対象とした給食サービス付きの施設です。費用は原則、自己負担になります(但し、事務費に関しては所得に応じて負担)。介護が必要になった場合は、介護保健の居室サービスを利用することになります。

・B型(自炊)家庭環境や住宅事情等の理由で、自宅で一人暮らしが困難な人で、自炊が出来る程度の健康状態の人が利用する施設です。費用は全て自己負担になります。介護が必要になった場合は、介護保健の居宅介護サービスを利用することになります。

・ケアハウス入居時に日常生活が可能な「自立型」と、24時間にわたって特別養護老人ホームレベルのケアが受けられる「介護型」があります。「自立型」は介護保健の居宅介護サービス、「介護型」は介護保険の特定施設入居者生活介護を利用することになります。このケアハウスなのですが、ケアハウスでもないのに「ケアハウス」という名前をつけている施設が、実は多く存在しています。名前が紛らわしいので注意して下さい。

コンドロイチンに興味をもったら見る情報紹介サイト