高齢者向け住宅とは

現在もっとも建設がすすみ、このサービスが拡充しつつあります。高齢者向け住宅は高齢者専用住宅・高齢者向け有料賃貸住宅・高齢者向け分譲住宅の3つがあります。バリアフリーの居室にリフォームされた場合が多いです。

カシスについて知りたい方はこれをチェック
カシスの情報サイトです

・高齢者専用賃貸住宅高齢者世帯でも入居しやすくするために導入されたもので、60歳以上の高齢者(または夫婦や親族)が利用可能です。介護が必要な場合は、介護保健の居宅介護サービスを利用です。一番施設により差があるのが、この「高齢者専用住宅」です。マンションなどの空部屋をバリアフリーにリフォームし、そこに通報ボタンを設置し、宅配サービスをつけただけのようなところもあれば、マンション1棟を借り上げ、介護付き有料老人ホームのような施設にしてしまっている所もあります。事業者の工夫次第で、サービスにかなりの幅があります。月額の利用料を生活保護の方でも入所できるくらいに安く抑えている所や、少額のサービス料を払えば、介護保険外のことまで行ってくれる施設もあります。また、居室の広さも13〜50平方メートルとかなりの開きがあり、夫婦ご利用可能なところも多いです。「高専賃」と略して言われるこの住宅は、これからますます増えてきます。

・高齢者向け有料賃貸住宅賃貸住宅情報誌などで「高優賃」という名称を見たことがある方も多いと思います。高齢者専用賃貸住宅のうち、バリアフリーなどの条件を満たし、県や国の家賃補助が受けられる場合がある住宅のことをいいます。介護が必要な場合は、介護保健の居宅介護サービスを利用できます。

・高齢者向け分譲住宅通称「シニアマンション」といわれています。実は、ほとんどの高齢者住宅は「利用権方式」といって、どんなに高い入居一時金を払っても、退去後はその部屋は施設側に返却しなければいけません。しかし分譲住宅なら、所有権分譲型で主にマンションタイプが多く、財産として相続や転売が可能で、設備・サービスともに充実しているのが特徴です。子どもに残したいという方、高齢者になってからマンションを購入しようという方にはおすすめです。介護が必要な場合は、介護保健の居宅介護サービスを利用です。

コンドロイチンについて知りたい方はこれをチェック
コンドロイチンの情報サイトです