有料老人ホームとは

最近、この「有料老人ホーム」という言葉を聞くようになりました。皆様が高齢者住宅を探すときに、まず目にするのがこれです。なぜか、宅老所に宿泊がついたようだという方や、特別養護老人ホームのようにカーテンで居室を仕切るというようなイメージをしている方も多いですが、全く違います。13平方メートル以上の個室で、食事は食堂で入居者とみんなでとり、介護が必要なときはヘルパーさんが居室に入ってきて介助をするといった感じです。有料老人ホームは大きく分けて、介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3つがあります。それぞれ介護サービス体制や契約方法が異なり、入居要件も違います。よく確認しましょう。

・介護付有料老人ホーム県などの指定を受けた特定施設です。施設職員から介護サービスを受ける「一般型」と外部介護事業者から介護を受ける「外部サービス利用型」があります。介護保険サービスの種類は、特定施設入居者生活介護になります。特別養護老人ホームの次に人気が高い施設になります。ただし、要支援1くらいの軽い方が将来をみこして入居されると、あまりに他の人との生活の違いにかえって困惑されたり、介護度が高い方に職員がつきっきりになるため疎外感を受けたり、施設によってはなんでもかんでも援助されて、今までできていたことまでできなくなったということもありますので、入所をあせらないことをおすすめします。

・住宅型有料老人ホーム概ね自立の方から入居でき、介護が必要な場合は、訪問介護などの介護サービスなどを利用できます。施設内にデイサービスを備えているところも多いです。介護が必要な場合は、介護保健の居宅介護サービスを利用することになります。施設内にデイサービスがあるといいことは、施設外から訪れる高齢者とも交流をもつことができます。またデイサービス内のお風呂は機械浴や座浴などの設備も充実しているため、車いす生活の方で個室でのお風呂介助が難しい方にはこれを利用できることは大変大きなメリットです。施設によって、デイサービスを利用しなければお風呂は使えないところや、デイサービス利用者は帰宅した、夜だけの利用可能なところもありますので、事前に確認されることをおすすめします。

体のために必要なルテインはこれ
ルテインの情報を特集します

・健康型有料老人ホーム自立の方のみを対象としていますので、高齢者が楽しく健康的な毎日を過ごすための設備が充実している場合が多いです。早くから、介護付きに入所するよりも、まずは施設生活になれることも大切かと思います。しかし、介護が必要になった場合は退去しなければなりませんので、ご注意下さい。